本文ヘジャンプします

活動報告

2012年12月17日
履修生のプロジェクト(自転車班)が報道されました

群馬大学「多文化共生推進士」養成ユニット履修生が取り組むプロジェクト「在日外国人児童・生徒に対して『やさしい日本語』による自転車安全運転・自転車盗難被害防止教室推進事業」が以下の通り報道されました。

このプロジェクトは、自転車に関する教育や啓発を受ける機会の少ない在日外国人児童・生徒に対して、安全に自転車に乗り、自転車盗難の被害に遭わないように、日本の自転車に関する交通ルールを学ぶ機会を提供するもので、12月5日(水)には在日ブラジル人学校「コレージオ・ピタゴラス・ブラジル太田校」において「やさしい日本語」を用いた実践を行いました。

報道

・群馬テレビ 2012年12月5日 ニュースeye8 太田ブラジル人学校 やさしい日本語で交通安全教室

・上毛新聞 2012年12月6日 やさしい日本語で防犯教室 外国人と接し方探る

・東京新聞 (TOKYO Web) 2012年12月7日 群馬 多文化共生へ群大と県警連携太田で防犯・交通安全教室

・読売新聞 2012年12月14日 女性警官「多文化」懸け橋 ブラジル人児童に交通教室

履修生が企画・運営に関わる事業

  • 文化庁「生活者としての外国人」日本語教育事業
  • 文部科学省留学生交流拠点整備事業

Web Magazine

  • 群馬大学
  • 群馬県
  • 独立行政法人 科学技術振興機構

Tel/FAX:027-220-7382

群馬大学
多文化共生教育・研究プロジェクト推進室

〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地
E-mail