本文ヘジャンプします
  • ホーム »
  • カリキュラム »
  • H24.履修生の1年

カリキュラム 履修生の1年

アナリスト・コース

多文化地域の実態から課題とその要因を把握する方法を学ぶ

習得すべき資質

地域や職場の多文化の現状を的確に把握し、その問題を構造的に分析できる力


  • 講義では、実態を構造的に理解するためディスカッションを重ねる

  • 地域にフィールドワークに出掛け、実態調査を行う

  • フィールドワークの結果をもとに、地域の現状について議論を行い、課題を抽出する
平成24年度のスケジュール

※社会人の方が学びやすいように、講義は主として、平日の夜7時~9時、あるいは土日祝日を利用して開講されます。

プランナー・コース

多文化共生に関する事例研究と共生推進プランの手法を学ぶ

習得すべき資質

問題解決の成功事例・失敗事例をその要因とともに理解し、地域や職場の実情にあった効果的な解決策を企画できる力


  • 課題研究では、地域課題を解決するための企画案をたてる

  • 講師のアドバイスを受けながら、企画案について議論する

  • 企画案をプレゼンテーションし、さらにブラッシュアップを行う
平成24年度のスケジュール

※社会人の方が学びやすいように、講義は主として、平日の夜7時~9時、あるいは土日祝日を利用して開講されます。

コンサルタント・コース

PDCAサイクルに基づく多文化共生推進プランの実践と支援手法を学ぶ

習得すべき資質

構想した企画案を実効性と持続性のある実践に導くことができる力


  • 履修生同士で意見を交換し合い、企画案を練り上げる

  • プロジェクト式課題・実務では、コースを超えた仲間で企画を進める。実践に向けて、ディスカッションを深めていく

  • 後期に取り組む地域の実態とニーズを踏まえたプロジェクトを中間報告会で発表
平成24年度のスケジュール

※社会人の方が学びやすいように、講義は主として、平日の夜7時~9時、あるいは土日祝日を利用して開講されます。

コンサルタント・コース履修生は、グループに分かれてアナリスト・コース、プランナー・コースの履修生と協働で企画を進めています。履修生の実践を紹介します。

高崎市役所都市整備部
市街地整備課管理担当
鷺谷 亨信
(株)ボルテックスセイグン 総務部
新井 規之
群馬県西部県民局藤岡行政県税事務所
県税課課税係
中澤 麻紀
前橋班

 私たちの課題研究のテーマは、県内の大学や専門学校に在籍する留学生たちが「群馬で働き、暮らす」ための地域協働プロジェクトです。県内にはアジアを中心とした国と地域の1,000人を超える留学生が暮らしています。彼らは日本語と母国語を使って意思疎通を図ることができる貴重な人材です。私たちは、彼らが自分たちの能力を十分に発揮し、ここ群馬で自己実現ができる取り組みの実践を目指します。
 今回の取り組みのひとつは、商工会議所や商店街、大学と協働して、留学生と地元企業がコミュニティラジオの番組制作を通して出会う場を作るものです。もうひとつは、留学生同士が在籍する大学を越えて自発的に活動できるネットワークを構築することです。
 私たちは、このふたつのプロジェクトを有機的に機能させ、留学生が群馬の多文化共生の担い手となるように、プランナー・コース、アナリスト・コースのメンバーとともに取り組みを進めていきます。

(株)ボルテックスセイグン 総務部
新井 規之
規制緩和提言

 現在、少子高齢化により、群馬県内のトラックドライバー不足は深刻な問題となっています。このプロジェクトでは、トラック業界の現状打破の一つの糸口として、外国人労働力の受け入れのため規制緩和提言書づくりを進めています。
 深刻化する労働力人口減少にどう立ち向かっていくのか、「多文化共生」の視点から考えていきます。

前橋警察署生活安全課
吉川 麻和
自転車班

 自転車班は、アナリスト・コース1名、プランナー・コース2名、コンサルタント・コース1名のメンバーで活動しています。
 今年度は、在日外国人の児童を対象とし、「安全・安心」に自転車に乗れるよう交通ルールの指導や防犯啓発活動を行います。
 コンサルタント・コースの履修生として、チームのメンバーをまとめてプロジェクトを成功させるように頑張っていきたいです。

株式会社総合PR
第三営業部アカウントプランナー
須藤 博樹
みなかみ班

 このみなかみ班は班名の通り、みなかみ町で事業を行います。猿ヶ京温泉で語り継がれる民話「てじろのさる」をヒントに、みなかみ町在住の外国人にも協力いただき、多言語での子守唄と民話の語り、また食文化交流を通して相互文化理解を図るものです。
 プロジェクトは、アナリスト・コースやプランナー・コースの様々な世代や業種の仲間とチームを組んで進めていくため、講義とは違った刺激や新たな気付きもあり、有意義な時間を過ごせています。
 この事業を通じ地域の元気をつくることに少しでも協力できれば幸いです。

履修生が企画・運営に関わる事業

  • 文化庁「生活者としての外国人」日本語教育事業
  • 文部科学省留学生交流拠点整備事業

Web Magazine

  • 群馬大学
  • 群馬県
  • 独立行政法人 科学技術振興機構

Tel/FAX:027-220-7382

群馬大学
多文化共生教育・研究プロジェクト推進室

〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地
E-mail