本文ヘジャンプします
  • ホーム »
  • カリキュラム »
  • 履修生の1年

カリキュラム 履修生の1年

アナリスト・コース
固定観念にとらわれない、あたりまえを問い直す姿勢。
課題解決につながると感じている。

訪問介護事業所ピア・サポート
サービス提供責任者 ヘルパー1級
園田 基博
■プロフィール
 現在、群馬県桐生市に在住。ハワイの大学では文化人類学(文化間の融合や衝突など)を主に学ぶ。ハワイ在住時に自分自身が外国人であった経験を通じて、社会問題に多くの疑問を持ち、その解決に邁進する。
また、花火師としての側面も持ち合わせ、マカオの花火大会では各国の花火師とともに大会をサポートした経験を持つ。
●受講のきっかけ
 留学当時、外国人の労働に関する規制や社会問題を体験し、国際化に潜む諸問題への疑問を抱きました。今後、日本では労働力を確保するために外国人労働者が増加するのではないかと考え、そういった社会情勢に興味・関心があり受講しました。
 また、昨年国際結婚をして、外国人住民の住みにくさを痛感したこともきっかけとなりました。

●家族の支えと今後の思い
 桐生市からの通学に往復160分。妻のサポートがあって、本プロジェクトの受講がかなっています。今後は地域にも寄与したいと考えています。
 固定観念にとらわれず、あたりまえを問い直す姿勢は、日ごろの業務においても重要であり、課題解決につながると感じています。本プログラムで学んだことを通じ、外国人を取り巻く問題一つ一つを解決することで、大きな理解や波及効果を見出したいと考えています。

  • 講義では、実態を構造的に理解するためディスカッションを重ねる。

  • 地域にフィールドワークに出掛け、実態調査を行う。

  • フィールドワークの結果をもとに、地域の現状について議論を行い、課題を抽出する。
平成23年度のスケジュール ※社会人の方が学びやすいように、講習は主として、平日の夜7時〜9時、あるいは土日祝日を利用して開講されます。


プランナー・コース
プログラムで学んだ知識と手法、ボランティア活動の経験を活かし、
多文化共生の意識を広めていきたい。

西部県民局 藤岡行政県税事務所
県税課 課税係
中澤 麻紀
■プロフィール
 高崎市在住。大学在学時に海外ボランティアの経験を持つ。行政県税事務所では、課税業務を担当している。カンボジアの孤児院を運営する県内の団体でのボランティア活動も継続している。
●受講のきっかけ
 大学時代、学生ボランティアとしてカンボジアにあるサンボー・プレイ・クック遺跡の周辺地域で、観光・環境など地域のあり方を現地学生と考える活動をしてきました。カンボジアの人々との関わりの中で、生活や考えは違って見えても、日本人と大きく変わらないことに気づきました。日本社会で外国人に対する理解を深める手助けをしたいと思い受講しました。

●家族の支えと今後の思い
 勤務先からの通学には1時間ほどかかります。家族や勤務先の方たちのあたたかいサポートにより、学びの時間を持つことができています。
 大学での経験やこのプログラムの学びを少しでも地域に還元し、貢献できればという思いで参加しています。将来的には、群馬とカンボジアの架け橋となりたい。

  • 課題研究では、地域課題を解決するための企画をたてる。収集すべき情報は何か、地域はどういった現状であるかを分析する。

  • フィールドワークでは、情報の整理と課題抽出を行い、課題解決のための糸口を探る。

  • 講師のアドバイスを受けながら、解決案の方向性や、問題点など、具体的な計画内容を議論する。
平成23年度のスケジュール ※社会人の方が学びやすいように、講習は主として、平日の夜7時〜9時、あるいは土日祝日を利用して開講されます。

履修生が企画・運営に関わる事業

  • 文化庁「生活者としての外国人」日本語教育事業
  • 文部科学省留学生交流拠点整備事業

Web Magazine

  • 群馬大学
  • 群馬県
  • 独立行政法人 科学技術振興機構

Tel/FAX:027-220-7382

群馬大学
多文化共生教育・研究プロジェクト推進室

〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地
E-mail