本文ヘジャンプします

活動報告

2015年02月16日
【お知らせ】平成26年度多文化共生国際シンポジウムの開催

この度、平成26年度多文化共生国際シンポジウム「人的多様性を活かした地域活性化を考える―プロジェクト「ハタラクラスぐんま」の実践をもとに―」を開催することになりましたのでお知らせいたします。本シンポジウムでは、群馬大学・群馬県「多文化共生推進士」養成ユニット履修生たちと取り組んだプロジェクト「ハタラクラスぐんま」の事業の成果と課題をご紹介しながら、人的多様性(ダイバーシティ)を活かした地域活性化のあり方を、地域関係者と共に考えます。

群馬大学主催

平成26年度多文化共生国際シンポジウム
人的多様性を活かした地域活性化を考える―プロジェクト「ハタラクラスぐんま」の実践をもとに―

日時:平成27年3月8日(日)    シンポジウム 10時30分~17時40分  懇親会 18時00分~19時00分

場所:〒371-8510 群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地

群馬大学 荒牧キャンパス 教育学部C棟204教室

スケジュール:
10:00        開  場
10:30-10:50    オープニング       
10:55-12:05
第1部 学生たちの多様な視点は「まち」をどこまで元気にできるのか(Ⅰ)
「みなかみ・猿ヶ京地区活性化」プロジェクト(通称:みなかみキャンプ)
13:10-13:50
第2部  外国にルーツをもつ子どもたちが自然教室で見せた姿は何を語
っていたか
あかぎ多文化共生事業(通称:あかぎキャンプ)
13:55-15:05
第3部  生まれ育った文化や社会が異なる仲間たちと考えた「年をとる」
―何が見えてきたのか
ぐんまでむかえる『高齢期』に備えるための地域日本語教室
15:15-16:05
第4部   学生たちの多様な視点は「まち」をどこまで元気にできるのか(Ⅱ)
「前橋中心商店街パネCOM」プロジェクト
16:10-17:15
第5部  プロジェクト「ハタラクラス」のこれからを考える
       人的多様性(ダイバーシティ)を活かした実践の可能性と課題
17:20-17:40 クロージング
18:00~19:00  交流会

問い合わせ先:群馬大学多文化共生教育・研究プロジェクト推進室
          〒371-8510
          前橋市荒牧町四丁目2番地
          TEL/FAX 027-220-7382
          E-mail  pcdc@ml.gunma-u.ac.jp

詳細はチラシをご覧ください → 平成26年度 多文化共生国際シンポジウム(チラシ)

履修生が企画・運営に関わる事業

  • 文化庁「生活者としての外国人」日本語教育事業
  • 文部科学省留学生交流拠点整備事業

Web Magazine

  • 群馬大学
  • 群馬県
  • 独立行政法人 科学技術振興機構

Tel/FAX:027-220-7382

群馬大学
多文化共生教育・研究プロジェクト推進室

〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地
E-mail