本文ヘジャンプします

活動報告

2014年02月06日
平成25年度 多文化共生国際シンポジウム 多文化共生の地域づくり-「多文化共生推進士」養成ユニットの取組-を開催します

平成25年度多文化共生国際シンポジウム 多文化共生の地域づくり-「多文化共生推進士」養成ユニットの取組-を次のとおり開催します。是非ご参加ください。

chirashi H25symposiumシンポジウムちらしはこちら→H25 多文化共生国際シンポジウム

 

多文化共生の地域づくり-「多文化共生推進士」養成ユニットの取組-

群馬大学では,群馬県と連携し,多文化共生の視点を持って地域の活性化に取り組む人材「多文化共生推進士」の養成に取り組んでいます。平成25年4月に,3年間の養成課程を修了した社会人5名が群馬県知事から多文化共生推進士に認定されました。現在,それぞれの職場や地域で活躍しています。

本シンポジウムでは,定住外国人・留学生が群馬県で働き・暮らすことを地域活性化につなげるために,履修生が地域関係者と共に取り組んだプロジェクト「ハタラクラスぐんま」の報告を行います。また,平成25年4月に誕生した多文化共生推進士の活動についても報告いたします。

これらの発表を通して,多文化共生社会に向けた人材の育成や地域活性化の方法について,地域のみなさまとともに考えていきたいと思います。

 

○日 時:平成26年3月2日(日)10:30~17:15(開場10:00)

○場 所:群馬大学 荒牧キャンパス 教育学部 C棟204教室
(群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地)

○プログラム:

第1部 (10:30~12:00)
「ハタラクラスぐんま」アンケート調査の報告
定住外国人・留学生の「働く・暮らす」に関する実態調査(アナリスト・コース)

第2部 (13:00~15:30)
「ハタラクラスぐんま」プロジェクトの報告
①尾瀬の魅力発見-留学生の視点で作成した観光ルートを発信-(留学生班)
②定住外国人が安心して高齢期を迎えるために-やさしい日本語によるライフプラン実践事業の展開-(定住者班)

第3部 (15:30~17:15)
多文化共生推進士の可能性を考える
多文化共生推進士の活動報告

○定 員:200名

○参加費:無料

○懇親会:シンポジウム終了後,懇親会を行います。
懇親会18:30~19:30 (懇親会費 一般2,000円・学生1,000円は当日申し受けます)

○申し込み:メールまたはFAX/TELにて,以下の申込内容をお書き添えいただき,お申し込みください。

申込内容
・お名前
・所属団体名または学校名
・ご住所
・ご連絡先(E-Mail, 電話番号等)
・懇親会の出欠
・群馬大学 の多文化共生に関わる案内の希望について

※上記記入事項については,本シンポジウム参加者名簿作成および希望者への案内以外の目的には使用いたしません。

○問い合わせ:

群馬大学多文化共生教育・研究プロジェクト推進室
〒371-8510 群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地
TEL/FAX:027-220-7382
E-mail:pcdc@ml.gunma-u.ac.jp

履修生が企画・運営に関わる事業

  • 文化庁「生活者としての外国人」日本語教育事業
  • 文部科学省留学生交流拠点整備事業

Web Magazine

  • 群馬大学
  • 群馬県
  • 独立行政法人 科学技術振興機構

Tel/FAX:027-220-7382

群馬大学
多文化共生教育・研究プロジェクト推進室

〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地
E-mail