本文ヘジャンプします

活動報告

2013年09月30日
平成25年度 中間報告会を行いました

「多文化共生推進士」養成ユニットでは、9月29日(日)に、事業の進捗状況について報告し、活動のあり方や今後の展開について検討する中間報告会を開催しました。本事業評価委員会委員、地域協働ネットワーク会議委員、群馬県・群馬大学関係者等約40名が参加し、履修生のプレゼンテーションをもとに活発な意見交換が行われました。また、多文化共生推進士の職場や地域での活動状況や群馬県の多文化共生推進士の活用状況等についても、報告がありました。

中間報告会の主な内容

・中間報告会趣旨説明(企画・運営責任者 結城)

・学生への「ハタラクラスぐんま」プロジェクトの報告(留学生班履修生)

~留学生等が群馬で働き、暮らす地域人材となるための支援プロジェクト~

・定住者への「ハタラクラスぐんま」プロジェクトの報告(定住者班履修生)

~定住外国人が安心して高齢期を迎えるための日本語教室の取組~

・「ハタラクラスぐんま」アンケート調査の報告(アナリスト・コース履修生)

~外国人住民(留学生・定住者)の就業、生活支援のあり方を検討するためのアンケート調査~

・多文化共生推進士の活動報告(多文化共生推進士)

・群馬県の「多文化共生推進士の活用」の報告(群馬県NPO・多文化共生推進課)

出席者の皆様からいただいた貴重なご意見を今後のプロジェクトに活かして参ります。プロジェクトについては、このホームページで紹介していくとともに、来年3月に開催予定の第4回多文化共生国際シンポジウムで発表いたします。ご期待ください。

 

現在、実施しているプロジェクトについて 報告をする履修生

プロジェクトについて 報告をする履修生

報告の後、委員から講評をいただいた

報告の後、委員から講評をいただいた

意見交換が活発に行われた

意見交換が活発に行われた

職場や地域における活動状況について 報告をする多文化共生推進士

活動状況について 報告をする多文化共生推進士

履修生が企画・運営に関わる事業

  • 文化庁「生活者としての外国人」日本語教育事業
  • 文部科学省留学生交流拠点整備事業

Web Magazine

  • 群馬大学
  • 群馬県
  • 独立行政法人 科学技術振興機構

Tel/FAX:027-220-7382

群馬大学
多文化共生教育・研究プロジェクト推進室

〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地
E-mail